Magazine
May 1, 2016

おはなとおしゃべり

わ た し と い う 花 を 咲 か せ よ う。

Text by Ai /Photo by Mikako

ai_may

おはなは だまっているようで

じつは とっても おしゃべり上手。

こころがぐるぐるしたときは

おはなのこえをきいてみましょう。

***********************

 

☆こんにちは:) 

 

*こんにちは:)

 

☆みんな色とりどりにキラキラして、すごくまぶしい。とってもきれいだよ。

 

*ありがとう。春はね、いのちの舞台なんだよ。冬の間、ずっと準備してたの。

 

☆だからお花も木々も葉っぱも、全身まるごとで、歌って踊ってるみたいなんだね。
 
*そう:)み~んな、この世界にいのちを咲かせるのを、楽しんでる。同じように、人間にも、それぞれに季節があるんだよ。
 
☆それは、自然の四季とはまた違う季節なの?
 
*もちろん、人間も自然の一部だから、自然界の季節とエネルギーを分かち合ってる。でも、ひとりひとりの中にも、それぞれの四季があるんだ。
 
☆そうなんだ。お花たちはたいてい春に咲くけど、人間が上手に花を咲かせるにはどうしたらいいの? わたしは、なんだかず~っと、準備してばかりな気がする。冬の間、土の中にこもるみたいに。
 
*そう感じることも、きみが咲くための準備なんだよ。ぜんぶが、きみという花の中に、ぎゅうっと凝縮されていく。咲かないように見える時も、ただそのことを知っていて。でも、どんな花が咲くのか、思い描いて。ひとつぶの疑いもなく、信じて。今すでに、ここにあるかのように。
 
☆今ここに、かあ。
 
*花はね、みんな自分がどの花を咲かせるのか知っている。赤なら赤の、黄色なら黄色の花が咲くことを。そしてぜ~んぶのいのちを、それを咲かせるために、輝かせるんだ。
 
☆人間は、わからないんじゃないかな。自分が何色の、どんな花を咲かせるのか。だからつい、焦ったり、咲いている他のひとを見て嫉妬したりしちゃう。
 
*それはね、いのちの源と、切り離されてしまっているから。ほんとうは切り離されようがないんだけど、そう思い込むことで、自分でアンテナを閉じてしまって、わからなくなって、迷ってしまう。
 
☆いのちの源って何なの? どうしたらつながれるの?
 
*空と、大地と、海、そこに生きるすべてのいのちを創ったもの。宇宙の真ん中にあるもの。ぜんぶは “そこ” からやってきて、へその緒みたいにつながってる。“つながってる”ことを思い出すだけで、感じるだけで、エネルギーが流れ込んでくるんだよ。
 
☆こころやからだが忙しいと、ついそういうこと忘れちゃうな。
 
*そうだよね。だから、ときどき自然の中にいたり、自然のエネルギーに満ちたものを食べたり、見て、感じること。自然の法則を活かしていないものを取り入れてしまうと、どんどんへその緒のパイプが詰まってしまうから、気をつけて。
 
☆そうしていたら、自分がどんな花を咲かせるか、わかるの?
 
*そう。ほんとうはみんな、最初から自分がどの花を咲かせるか知っているんだけど、生まれた瞬間から、忘れてしまう。それを思い出す過程が、人間たちに与えられた宿題、かみさまからのギフトなんだよ。
 
☆花を咲かせるには、自分がワクワクすることをすればいいの?
 
*その通り:)
 
☆わかってても、踏み出せなかったり、面倒だったり、怖かったりする時はどうしたらいいの。
 
*怖いのはどうして?
 
☆どうしてだろう……。わたしなんて何もできない、きっと誰も見ないって思っちゃう。
 
*きみが、こころから悦びでもってやることは、すべて美しい。他の誰がどう思うかは、彼らの問題なんだ。悦びを表現して、世界に放てば、同じものが宇宙からやってくる。
 
☆そうなのかな。
 
*生きることで生まれるエネルギーが、赤や黄色、緑に紫、金と銀、色とりどりの糸を紡ぎだす。それを、縦糸と横糸みたいに織り込んでいくのが、きみたちがこの星に生まれた理由なんだよ。同じものは誰にも織れない。そのいのちだけが創ることができる、特別なタペストリーなんだ。そうやってひとりひとりが生み出す織物を、この世界を創った “いのちの源” は、とっても楽しみに眺めているんだよ。
 
☆でも、きれいな糸だけじゃない。嫉妬や、憎しみや、そんな醜い感情があったら、美しいタペストリーにならないよ。
 
*“いのちの源”は、すべてのタペストリーを、すべての人間の生きる姿を愛している。どんな想いも、きみだけが感じられるとてもとても尊いこと。黒やグレイ、ダークカラーの糸があるからこそ、他の色が映えたり、ぜんたいにコントラストが生まれたりする。ぜんぶの糸に意味があるんだ。
 
☆どんな色でも……。
 
*そう。いろんな気持ちをまるごとを感じたらいい。でもそこに引っ張られすぎないで。ハートの真ん中で、悦びを感じることをやって。それをカタチにして。人間関係でも、仕事でも、趣味でも、なんでもおなじ。
 
☆仕事で悦びを表現するには、どうしたらいいの?
 
*仕事というのは、人間に与えられた特殊なものだけど、つまりは、この世界で自分という存在をどのように表現するかっていうこと。その表現に、自分自身の悦びや、たくさんの人々の悦びが織り込まれれば織り込まれるほど、お金や人脈、豊かさというエネルギーになって還ってくる。
 
☆自分を悦ばせることで、人を悦ばせる。
 
*まず、自分。ここはブレないで。溢れた分を、人に分けてあげるの。
 
☆まず、じぶん、かあ。なかなかできてない。焦ってばかりで。
 
*人の四季はそれぞれなんだよ。でもね、「わたし、咲くのかな~」って心配してる花はいないでしょ。必ず咲くって信じてるから、その花は咲くの。信じてるという以前に、あたり前のこととして、そこにあるだけ。焦ったり、心配したり、怖がったりする時間とエネルギーがあるなら、それを使って悦びの方に向けて。やり始めたら、あたり前になるまでやるんだよ。
 
☆なかなか日々のことばかりに追われて、それができなかったりする。
 
*最初は10分でも、30分でもいい。毎日の中に必ず、悦びの磁場のエネルギーを感じる時間を作って。その波動の中にいたら、その波動の現実しか起こらない。そうして、少しずつ何かが動いていく。
 
☆簡単そうだけど、難しいな。
 
*簡単なんだよ。ただ忘れてるだけ。ほんとは花みたいに、みんな知ってる。何色の、どんな花が咲くか。それを、肉体の中に隠してしまっているだけ。そしてまた再び見つけ出す過程で、人はもっともっと大きな悦びを、自分が咲かせる花の美しさを知るようになる。
 
☆そうなんだね。わかった。やってみる。みんなが咲くといいね。
 
*そうだよ。まずはきみから。そしてどの花も美しいと知って。伝えて。
 
☆うん、まずじぶん。
 
*そう。きみ。
 
☆ありがとう、思い出させてくれて。
 
*もちろん、いつでも。
 
☆またね。
 
*:)
 
☆:)

***********************

 

mikako_profil

Mikako Chiba / 撮る人
バンクーバーを中心に活躍するフォトグラファー。ウェディングやエンゲージ、ファミリーフォトなど、その人の内側にあるストーリーやキラメキを写し出す写真たちは、見る者の心をあたたかく震わせる。人物写真はもちろん、やさしく切なく物語を紡ぎ出す風景写真にも定評がある。

http://www.mikakochibaphotography.com/

 

The following two tabs change content below.
SasakiAi
コピーライター/ライター/作家として、ことばで人を幸せにする仕事をしています。近年は、絵本「まっくろ鳥とんだ」、ショートストーリー「Ku: Cafe in Vancouver」をはじめ、絵本や小説など、たましい にやさしく語りかける物語を日々創作中。www.lovelyoreo.com/ また、海外に興味のある人をサポートするウェブメディア「StartS」の編集長としても活躍中!http://media.skypiea.ca/
SasakiAi

最新記事 by SasakiAi (全て見る)

コメント1件

 Md | 2016.05.10 15:03

優しくてあたたかくて、いろいろ心に染み込みました。これからも楽しみにしています!

Comment





Comment