Magazine
Dec 1, 2018

Vancouver ファッション•シーン

Fashion Designer

Sarah Runnalls

Text by Studio Keiko

keiko_dec

もともともともとBC州の州都であるビクトリア出身のSarah Runnalls は、バンクーバーのBlanche Macdonald Centerで、ファッションデザインを学んだ。彼女はそこでクラスのデザイン賞を獲得して卒業し、すぐに自分の名前の通りのSarah Runnalls Collectionを立ち上げたのだ。

Sarahのデザインの全体的な美的感覚は時代を超えて現代的。専門的な仕立ての訓練を受けている彼女は、生地の品質やカットラインに焦点を当てて、よくそれが生かされるデザインインパクトを創り上げる。

そして最近行った、Sarah’s SS 19と銘打ったコレクションでは、常識よりもはるかに実験的なアプローチを試みている。それらは、独創的な建物、豊富なコントラスト、彫刻のシルエットの演出のなかで、遊び心たっぷりのひとつの物語のような見せ方を成功させている。

「私は洋服を着ているひとの快適さと動きやすさを維持させながら、身体の周りに二次元的な形態を作りたいと思っていました」

最後のいくつかのコレクションは、それがより非構想的なアプローチとして取入れられて、衣服の外側の縁に,太いモノクロのトロンメールのディティールと明らかな繫ぎ目を導入した。

Look-16-15

ファッションウィーク19では、最初、彼女は同じ方向背で創造的なビジョンを探求し続け,大胆な色のブロッキングとテクスチャーのディーティールを取り入れた。

Sarah Runnalls Collectionはまだ小さな独立ブランドなので、コンセプトからパターン制作までのすべての衣服の制作のすべての作業をSarahがひとりで行っている。

「私の服は現在、Webサイトと通じてのみの販売です。でも来年にはブティック小売業者の小規模な販売を計画していて、そこから大きく成長していくことを考えているところです」とSarahは夢を膨らませている。

keiko_4keiko-3keiko_5keiko_6keiko-1

www.sarahrunnallscollection.com


The following two tabs change content below.
Studio Keiko
日本、ヨーロッパでのモデル事務所の経営をはじめ、30年に渡るファッション業界の経験を生かして,現在バンクーバーにおいて、ファッションショーのイベントプロデュース,ショーの振り付け、モデルトレーニングと幅広く質の高い活動を展開している。東京では近年、Jha Jha Ojha Angelのファッションショーを,ロック•スタジオで手がけた。バンクーバーでは、Aydenギャラリー、バンクバー美術館,,,等。またフェアモント・ホテル・バンクーバーにおいてシャネル・ファッションショーではカナダ内外から絶賛を浴びた。http://www.studiokeiko.ca/
Studio Keiko

最新記事 by Studio Keiko (全て見る)

Comment





Comment