Magazine
Dec 31, 2018

頭蓋骨調整への旅

~引越しに伴う体の変化~

Photo & Text by Koto Tadahiro

koto_jan

春は新生活の季節ですね。
新生活に絡むものとして年が明けたり春先に多いのが引越しです。
その時の施術に対する私の心構えなども含めてお話していきたいと思います。

思い返してみると皆さんも引越しをした直後のカラダの不調があった方もいらっしゃると思います。
引越しにまつわる心身の変化はすごいものがあります。
体や心にどういった変化が起こるのかを想像してみましょう。

それはそれは我々が思っている以上にすごい変化を起こすのです。
まずは緊張からカラダは硬くなり不眠になったりします。
自律神経系等から胃腸の調子まで狂ってきますね。
そして引越しの際に重いものを何度となく持ったため体の節々が痛くなったりもします。

私コトーも2年前にサロンの移転を致しました。
そこで自分でも感じた引越しに関することがいくつもありました。
やはり物事を理解するために自分で実感するということは大事ですね。

引越しというものは人生におけるストレス感度の上位にくるものと言われております。
人生におけるストレスとしては・・・
・配偶者や家族の死
・お金の悩み
・転職
・家族や職場での人間関係
・病気
などがストレス原因のトップとなるようですがそれと匹敵するストレスが引越しなどにより一時的にかかるのです。
それは行動の大部分が変わってしまうことに起因します。

動物に例えると「巣」が変わるわけです。
自分の命を守る巣が変わるということがどれほどのストレスになるのかということ。
それを機にストレス性の腰痛や頭痛などの痛みが出るケースが本当に多いのです。

それを我々の生活という観点から考えてみましょう。

例えばお勤めの方だったら通勤時間や通勤路が変わることという外的な要因。
通勤時間が増えたり仕事場までの物理的な距離が変わることはストレスを感じる方が多いようです。

僕も少しだけ家から遠くなりました。
といっても移転前の僕の仕事場は東横線自由が丘駅徒歩4分。
そして現在の奥沢という場所も今まで使っていた同じ自由が丘駅なのですが駅から徒歩9分です。
つまり5分徒歩が増えただけで朝に乗る電車も少し早めに変えたり、仕事が終わってからいつも乗れていた電車に乗れずに少しだけ時間が後ろにずれました。
それだけでもだいぶ生活時間の使い方が変わってしまいました。

そして他の外的な要因として過ごす街が変わったことにより買い物をする場所がわからなくなったり、探したりと慣れるまでの間が案外ストレスになるものです。
これは女性のほうがより感じることではないでしょうか?
いつものスーパーでの買い物ならすんなりなのに新しい街の新しいスーパーだと何がどこの棚に置いて売っているかがわからないような状態です。
これも新鮮な刺激である反面ストレス要因となる事案です。

お子さんやお年寄りなどであれば転校で学校が変わるなどということは自分を取り巻く環境が一気に変わることで我々が想像するよりも遥かに精神的な不安定を感じることでしょう。

そして自分の過ごす空間が違うことによる違和感。
自分の家なのにしばらくはそう感じないものです。
まるで他人の家にいるかのような感覚ですね。

僕も新しいサロンに移ってからしばらくは正直なところ施術も不安定になりました。
なんだか施術した刺激が逃げていってしまうような感覚とでもいいましょうか。
スカスカした施術だと自分では感じてしまいました。
(クライアントに聞いてみたところ「いつも通りよ」という答えが返ってきたので一安心でしたが)

それではプロとしてはいけませんね。
移転による反省点のひとつです。

そして日々新しい仕事場で施術をしていくと空間自体がだんだんと自分のカラダに馴染んできて自分で自分の空間を把握できるようになってくるのです。

しかし馴染んだと感じるまでの1ヶ月くらいは異常な疲れを感じておりいつもより睡眠時間を多く取っておりました。
というか家に帰って食事を摂りちょっと横になろうという気持ちを持ったら最後、朝までソファーで・・・
ということが何回もありました。

これは生命体の反応としてはちょっと弱っている証拠でもあります。

なのでこれからの春先に引っ越しを予定している方や時期を問わず家の建て直しやリフォームをされている方は我々の想像以上の疲れを感じている方が多いかと思います。

こればかりは我々の施術の範疇を超えてしまうことなのでお話を聞きながらしっかり寄り添うような施術を心掛けています。

このような方がまわりにいる時には引越しをされた方はみんなそうなんだよ、ということも教えてあげてください。
クライアントも原因不明の疲れの意味がわかり安心すると思います。

転居などによる心身への影響を軽く考えてはいけませんね。

※写真は僕のサロンのテラスからの見晴らしです。左に東京タワーとスカイツリーが並んで見えます。高さは全然違うのですが距離の関係で同じくらいの高さに見えます。

_________________________________________

★昨年夏にバンクーバーで、公演会、ワークショップ、施術を行われた古藤先生が今月末に再びバンクーバーを訪れます!古藤先生を囲む食事会を1月29日(火)のお昼にリッチモンドのカジノのレストランで予定しています。施術は30日(水)、31日(木)です。食事会に参加されたいかた、施術をご希望のかたは、ojhaemugoto@gmail オジャまでご連絡ください!

 

The following two tabs change content below.
KotoTadahiro

KotoTadahiro

1971年東京生まれ。大学卒業後2つの会社、フリーライターなどの経験を経て26歳の時に直感的に整体業界へ。 整体の専門学校を卒業後5年で6か所にて修行。 2004年横浜市日吉にて独立開業後自由が丘、奥沢にてサロンを展開。 2016年屋号をK-styleから整体サロンSolecka(ソレシカ)に変更。 頭蓋骨の研究を始めて約10年。独自の頭蓋骨調整法で全国よりクライアントが集まる。施術家向けのテクニックDVD作品を出すのと同時にコトー流の整体をマスターした療術家を育てるべくセミナーを12ブランド展開して後進の育成に努めている。
KotoTadahiro

Latest posts by KotoTadahiro (see all)

Comment





Comment