Magazine
Jan 2, 2019

原始からの響き〜未来へのことづけ

Awa no Uta 時空を越えた言の葉メッセージ15

Photo & text by Kimiyo Odaka

パラレルワールド

新年あけましておめでとうございます。

時空とは過去 現在 未来と一直線ではなく、その全てが今のこの瞬間にあるのだと再確認させられた出来事があった。

それは年末の大掃除をしているとき、本棚の奥から以前あるリーディングを学んだ時のノートが出てきた。

それは自分の魂と話しができるようになるためのワークで、そのときの自分の感覚や思い浮かんだことを書き連ねてあるものだった。

ちょうどその時私は37歳で今から5年前。

そこには宇宙との対話を疑うことなく純粋にしている私がいて、読み返す文章に鳥肌がたつほど、その感覚が懐かしく魂の源にかえっていくようだった。

そして、その37歳のそのノートを書いている自分に重なり、今のたくさんの教室をもちサロンを充実させている43歳の自分も同時に存在している映像がみえた。

私達は今この瞬間に何を発するかで、映画『マトリックス』のパラレルワールドのように、現在と過去と未来が同時に創造されてゆく。

言葉は現実を引き寄せる。

「お正月で食べ過ぎて太っちゃう」

と発すると本当に太る現実が

「お正月で美味しいご馳走をたくさんいただくけど、体重は変わらないの」

と発すると体重が変わらない現実がやってくる?

私は自分の体に 「私はいつもこの体重」と言うとちゃんとそうなってくれる。

言葉は発すると自分の体心魂に館内放送されて宇宙のエネルギーと共に、そのようにすべてが動き出す。

さっきどんなに嫌なことがあったとしても、今この瞬間「私は幸せだ」と言葉に発したならば幸せな現実が必ずここにやってくる。

というか、発した瞬間にここにある、と私は信じている。

2019年、さあどんな現実をつくるか。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

自分の腹の声を大切に言霊を大切に、ワクワク輝ける無限の可能性に向かって今を創造してゆきたい。

あわのうた をうたいながら。

The following two tabs change content below.
OdakaKimiyo
1995年よりアルファビクスインストラクターをはじめる。公務員をへて、その後アロマセラピーが心身の癒しと健康に深く働くことに感銘をうけ、カナダへ学びの旅にでる。マッサージをしながら、カナダ先住民家族とともにひと夏を過ごし、自給自足の中からハーブメディスンや自然と人間の深い関わりと知恵を学んだ。その後グアテマラ・インド・タイを周り帰国。現在二児の母となり、今までの経験を皆さんと分かち合いたい、人と地球に優しく、輝く未来をつくりたい。そう願い活動している。 (最近の活動) トータルヒーリングサロン Payoraのオーナー その他、幼稚園・小中学校、老人寿大学・自治体などからの依頼でアロマやヨガの講座の他研修、講演会なども行っている。またYOGAのマントラをテーマにしたバンドSilence-Aetherのメンバーとして、イベントに多数出演。ヨガ/ライフスタイルイベントなどでの活動や、映像表現にも活動の場を広げている。
Comment





Comment