About

“Cradle Our Spirit!”

2011年に日本で未曾有の 大震災が起きたとき、私は他の日本人のひととたちと一緒にバンクーバーにいました。刻々と伝わってくる日本の惨状を息をのんで見守っていた国外在住の日本人のひとりとして。

カナダに移民し、エナジー・ヒーラーの仕事をメイン・ジョブにしていた私のところには、他の日本人のひとたちから、「涙が止まらない、眠れない、食事をうけつけない」等で、セッションの依頼の電話が相次ぎましたが、当の私自身が、その事態だったため、自分の責務を果たす事ができませんでした。

私たちの意識のもとには、無意識とよばれる潜在的な意識があって、それは、グループの集合的な意識につながっているという、かつてユングが立てたこの仮説は、このとき私のなかで、初めて身を持って明確になりました。

日本に救援の物資を送ったり、支援金を集めたり、実際にボランティアで救済活動に日本に向かうひとたちも多くいるなか、私は世界中にいる日本人が、日本で落胆の淵にいるひとたちを<元気にすること>が出来るようなマガジンを創刊することを思いつき、以来、この主旨に賛同してくれる寄稿者のかたたちの強い熱意のもと、続けてきて、今年は7年目になります。

マガジンのタイトル、” Cradle Our Spirit!”は、「心を揺らそう!魂を揺らそう!」という意味です。現在 40カ国を超える地域から、 アクセスがあり,世界中にこの小さなウエブマガジンの読者がいてくださることに勇気をいただいています。

When an unprecedented earthquake occurred in Japan, I was in Vancouver with other Japanese people. As one of the Japanese who lived abroad who was watching over the devastation of Japan steadily transmitted through breath.
For me who immigrated to Canada and made Energy Healer’s job the main job, from me, other Japanese people said, “Tears will not stop, I can not sleep, I will not get food” etc.
 I got a lot of phone calls for healing session requests, but since I was in that situation,  unable to fulfill my responsibility.
Under our consciousness, there is a potential consciousness called unconsciousness, and this hypothesis that Jung once established that it leads to the collective consciousness of the group, at this time in me So, I became clear with my first time with my body.
Many people send relief supplies to Japan, gather support money, and in fact many volunteers head for Japan for relief activities, I think Japanese who are in the world are in disappointment in Japan I came up with the idea of launching a magazine that could do something that is energetic, and since then, with the strong enthusiasm of the contributors who agree with this gist, I have continued this seventh year .
The title of the magazine, “Cradle Our Spirit!” Means “Shake your heart! Shake your soul!” Currently, we have access from over 40 countries and have the courage to have readers of this small web magazine around the world.

ojha_profil_2

about Ojha Emu Goto (editor in chief)

an an」、「クロワッサン」、「Hanako」等の女性誌、また「翼の王国」等の航空会社の機内誌、日本興業銀行、シチズン等のPR誌の編集とライター、スタイリストを手がけ、また六本木ピラミデのコーディネーターとして、さらに雑誌、広告、FM放送、TVの仕事を中心に広告会社(有)P.S.Jam を主宰。

1998年にカナダ、バンクーバーに移住、写真家、エナジーヒーラー、ファッションデザイナー、イベント・コーティネーターとして多種多彩な才能を生かし、バンクーバーを拠点として、東京、ニューヨークで常に意欲的な活動を行っている。

2014年、自己ソウル・リーディング解説書「アカシック・レコードの扉を開ける~『光の鍵(明窓出版)』http://www.amazon.co.jp/%E5%85%89%E3%81%AE%E9%8D%B5%E2%80%95%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E6%89%89%E3%82%92%E9%96%8B%E3%81%91%E3%82%8B-%E3%82%AA%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%88%E3%82%A6/dp/489634281X/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1458697536&sr=1-1&keywords=%E5%85%89%E3%81%AE%E9%8D%B5 を出版。