Magazine
Jan 29, 2017

おやすみなさい

「泥棒」

Photo & Text by Taeko Akiyama

taeko_feb

ある御婦人からの、聞き書き。

 

娘が9歳か10歳のとき、近所の本屋さんに言われたの。

「まさよちゃんに、1万円札を持たせてるの?早いんじゃないかしら」

 

家で娘に聞きました。そしたら私のお財布から、お金を盗っていたのね。

だからね、だから普通にこう言ったのよ。

わかりました、って。

 

夜に、警察のかたがお家にいらっしゃると思うの。

そのかたと車に乗って、あちらであなたにお話を聞くことになると思います。

明日は学校に行けるかどうかわからないけど、行けるとしたら警察から行くことになるかも知れないから、制服のお支度はしておいてね。

それから、警察から学校に連絡がいくと思うの。

そしたら校長先生が警察にいらして、先生からあなたに、何かお話があると思うわ。

何時になるかわからないけど、すぐ出られるように、お支度はしておいて。

 

娘は真っ青になって、ごめんなさい、ごめんなさい、って泣いたけど、

どうしようもできないわ、って一晩放っておきました。

 

それから一度も同じことは無いわね、懲りたんでしょう。

 

そのかたの静かな語り口を聴きながら、私もまさよさんの胸に迫り来る絶望を一緒に体験し、頭の血が引きました。

 

お子さんのいる皆様は参考にしてみてはいかがでしょう。

美しい凄み。

 

おやすみなさい。

The following two tabs change content below.
Taeko Akiyama
施術者 港区は青山一丁目「スゥェディッシュマッサージiki」オーナーセラピスト。 千葉市出身、横浜市在住。
Taeko Akiyama

最新記事 by Taeko Akiyama (全て見る)

Comment





Comment