Magazine
Aug 2, 2017

宇宙の法則を味方につける!

「人類にはもう時間がない。どんな人が、どうやって救うのか」

Photo & Text by Miwa

miwa_aug

世界中でベストセラーになった、「神との対話」シリーズの最新版 “Conversations With God, Book 4: Awaken the Species”を読んでいます。日本語ではまだ発売されていませので、私の未熟なまとめですが、お付き合いください。

本にはこんな衝撃的なことが書かれています。「今の地球は、火の使い方を知らない幼児たちが、火遊びをして、火事を起こしてしまった状態だ。」

人類にはもう時間がない、という内容は、聞いたことがある方も多いと思います。私たちが意識を変えていかなければ、この星は滅びてしまう。Conversations With God, Book 4: Awaken the Species”によると、「火遊び」というのは、科学やテクノロジーを、争いや略奪のために使いすぎたということでしょう。

このままいくと、地球は滅亡への道をまっしぐらです。でも、まだ時間は残されています。その時間をどう使うか、具体的に何ができるか。大きなヒントを与えてくれるのが、この本だと感じています。

この本は、神との対話シリーズの中でも、最後の一冊になるということが示唆されています。神(または「創造主」、「大いなる存在」、「サムシンググレート」、「みなもと」、「唯一無二の存在」など)からの「最後の招待」という言葉が使われています。「最後の招待」とは、人類全体を目覚めさせること。つまり、「自分を含む全ての存在は神と一体である」と私たちが気づくこと。そして、皆が目覚めるには、まず「自分がロールモデル(Rolemodel—お手本)になること」とこの本では説いています。

数年前の私がこれを読んだらすぐに「早く、周りの人に教えてあげなきゃ」と講座を開いたり、友達に話したりしていたでしょう。「地球はもう危険なんだよ。覚醒しなきゃ!」と言うふうに。そして、理解しない人に対しては、「こういう人がいるから地球は危ないんだよ…」と、上から目線で、憤っていたに違いありません。

しかしそれでは、ロールモデルとは言えないのです。真のリーダーは、言葉や概念ではなく、自らのあり方や行動でお手本になるからです。この点は、本の中で繰り返し強調されています。

「完璧な私」を見せるのではない。

「いつも発展途上」である自分の生き様を正直に伝える。

ありのままの自分だけをさらけ出す。

こんな信念で地道に生きていく人数が一定に達した時、地球は高い次元に上昇して、地上の天国がはじまると言われます。

先日、「スピリチャル・ヒーラー」として数十年も活躍されている女性とお食事の機会がありました。素晴らしい実績をお持ちなのに、最近お客さんが集まらないと言うのです。お話を伺っていると「まだまだわかってない人が多すぎる」「早く私のレベルに来なさい、って思う」ということをずっと話されていました。「私はあなたより優れている」と言うオーラがお客さんを遠ざけてしまうのでしょう。今は人間の意識レベルもどんどん上がってきているので、敏感に察知してしまうのでしょうね。

一方、まさに理想のロールモデル、と呼べる方も知っています。80歳を超えた内科医の男性、国立大学の名誉教授です。数年前に私が通訳を勤めたセミナーにいらしていました。最高齢でしたが、どの受講者さんよりお元気で、穏やかで、懸命にメモを取られていました。この時は知らなかったのですが、後日、本や雑誌でお名前を何度もお見かけして、高名なお医者さまだと知りました。このドクターを知る方は、どなたに聞いても、「大変勉強熱心で、全国の色々な講座でお勉強されています。優しく、威張ることなく、ユーモアのセンスたっぷりで、本当に頭が下がる思いです」とほめたたえるのです。決して完成せず、80歳を過ぎた今もリアルタイムで進化し続けているからこそ、これだけ多くの方の尊敬を集めるのですね。

できるだけ最高の自分に近づきましょう。行きたいほうを見据えつつ、時にはそれができない自分を、許しましょう。それができない他人も、許しましょう。学び続けましょう。楽しく、ピュアに、謙虚に。

そうそう、さきほど「地球は火事である」と書きましたが、グッドニュースがあります!「幸い、消防車はすでに到着している」そうですよ!「消防車」につきましては、また機会がありましたら書いていきたいと思います。素敵な8月をお過ごしください。

The following two tabs change content below.
Miwa Kinoshita
ライフスタイル・コンサルタント。UE(アルティメットエナジェティクス®)インストラクター。ABH(米国催眠療法協会) 認定ヒプノセラピスト。 東京生まれ、横浜在住。北米に16年滞在。2002~2014年までバンクーバーに暮らす。家族の事情でいきなり帰国。「どうやったら日本で快適に暮らせるか」を追い求め、「未来形ヒーリング」と呼ばれるUEに出会う。数10秒のUEセッションは、「7年間の悩みが消えた」「収入が3倍」「失恋した彼から告白された」などの体験談が続々届き、予約はいつもほぼ満席。Made in JapanのUEを携えて世界を旅するのが次のゴール。
Miwa Kinoshita

最新記事 by Miwa Kinoshita (全て見る)

Comment





Comment