Magazine
Nov 1, 2017

宇宙の法則を味方につける!

遠くから見ているから怖いのだ

Photo & Text by Miwa

image1-web

日本では、衆院選が終わり、同時に吹き荒れた台風も去り、ようやくエネルギーが落ち着いた感じです。ほっ…。

さて、先日、数年ぶりに「歯医者」に行きました。実は私、歯医者トラウマがあるんです。子供のころ通っていた歯医者さんがすっごく怖かったのと、大人になってから、歯を抜いた後に2時間持つはずの麻酔が20分で切れて転げ回った(本当に)苦い経験があります。だから今回も、痛みに気づかないふりをして(笑)そうしたらついに歯がかけてきて(汗)いやいや予約を取りました。「優しい歯医者さん」とか検索して(笑)。

行ってみたらなんとまあ、高級ホテルのように綺麗な受付。美人で親切な歯科衛生士さんによるカウンセリング。「治療について、怖いと思うこと、なんでもいいのでお話しください」とゆっくり聞いてくれます。カナダのことで話が弾んでいたら、部屋に入って来た歯医者さんがまた面白くて、「僕、スピリチャル大好きなんですよ〜。引き寄せの法則とか♪」などと言いながらチクリともしない麻酔を打たれ、ぼーっとしている間に終了!!

スキップしながらオフィスを出ました。まだ、治療は数回残っていますが、次の予約が楽しみです!

私、つくづく思いました。「怖い」のは、「なんだかわからない」から「怖い」のだと。「細部」を見ると、怖さは消える。だから、怖いときほど、怖いものの中に一歩、えいっと入るのがいちばん早いですね。

私たちの脳は、サバイバルするために、怖がるようにできています。暗闇が怖い、別れが怖い、結婚が怖い、転職が怖い、老後が怖い、子育てが怖い、痛みが怖い、などなどなど。ほとんどの「怖い」は脳が作り出したフェイクです。でも、そのフェイクのために、本当にやりたいことをやらないで、貴重な地球時間を過ごしている。

私にとってもう一つ怖かったのは「日本に住むこと」。歯医者と同じように「なんだかわからない」から怖かった。遠くのカナダから見て、日本人って画一的だな、窮屈だなあって思っていました。でも、2014年末、帰国して、日本の土に足をつけて、みんなと一緒に電車乗ってお仕事してご飯食べて温泉入って、、、って繰り返していると、「細部」を経験する。「日本」という単色に見えた一枚の布が、実は多様な色が折り重なってできていたことに気付いたんです。「怖い」場所が「いろいろあって面白い場所」に変わったのは、やっぱり細部を見に行ったからだと思うんです。

この間、大好きな作家さんの講演会で、「1年後の理想の未来」を思い描くワークをしました。私は誰にも話していない、実現する根拠は全くないビッグな夢を設定しました。しかしどんなにクレージーな夢も、想像できることは叶うのです。そこまでの道のりで、私のちっちゃな脳は「怖い」をたくさん見つけて尻込みするでしょう。だからこそ私は、灰色のモヤモヤした「怖い」の塊に突っ込んで行きます。その中はきっと、キラキラとワクワクと、新しい出会いに満ち溢れているはずだから。

The following two tabs change content below.
KinoshitaMiwa

KinoshitaMiwa

KinoshitaMiwa

最新記事 by KinoshitaMiwa (全て見る)

Comment





Comment