Magazine
Sep 30, 2018

一写入魂

“食欲の秋”と“セロトニン”

Photo & text by 中村”Manto”真人

manto_oct

脳内の神経伝達物質として働くセロトニンは

”幸せホルモン”とも呼ばれ、食欲を抑える働きがあります。

この成分は、日光に当たる時間と比例し、陽の光を浴びる時間が短いと減り

長ければ増えると言われております。

よって秋は収穫の時期と重なり日照時間も短かくなり

セロトニンの分泌量も減るので、食欲が増えると言われています。

《写真:ヒラメを捕食するカワウソ》

 

The following two tabs change content below.
中村真人
世界のスポーツ、ポートレートそして自然を描写するプロ写真家。 オーガニック納豆事業とサッカー指導も手がける。 https://www.facebook.com/MantoArtworksPhotography/
中村真人

最新記事 by 中村真人 (全て見る)

Comment





Comment