Magazine
Oct 2, 2018

Vancouver ファッション•シーン

Fashion Designer

Lyndsey Jackson

Text by Studio Keiko

keiko-m

ファッション業界で成功を勝ち取るには、ビジネススキルだけではなく、スタイルや生地に対するセンスが必須なことはいうまでもない。

今年のバンクーバーファッションウィークのコレクションで発表した新しいコレクションをみるかぎり、Lyndsey Jacksonというファッションデザイナーはその両方を持っていると言えるだろう。

彼女は20代の時は,同世代の人と旅行をしたり音楽を聴いたりして思う存分楽しんだという。それは、多くのひとにとってそうであるように、そのまま人生にたくさんの種を蒔き、30代前半のLyndseyは、いま絵を描くようにファッションの世界で開花させているのかもしれない。

今回のコレクションでは白色をふんだんに使い、同じ傾向のカラーを連鎖させることで逆に強烈な印象を与える色使いとなった。電子音楽を思わせる思わせるレイヤーはどこか超現実的なニュアンスを感じさせ、多様にデジタルプリントされた布地は、研究を重ねたさまざまなテクスチャーで豊富なイメージを繰り広げた。

「私は20代から様々なイメージ様々なイメージの図や写真を撮ってきて、今度のコレクションでは、そうした図柄を逆さにして一種のタータン対称布を使い実験的なデザインを形にしてみました。布自体がアシンメトリーとして表現されています。今回の関心は自分的には、色よりも布自体のほうが大きいものでした」

彼女は、ファッションビジネスの世界に布地への尽きない興味で参入したが、それはすなわち「永遠に愛される洋服」を作っていく道でもあった。

John Cassablancaのデザインコースでは、彼女のビジョンを現実に変える方法を教えてくれた。

では次のステップは?

「私はビジネスに伴うさまざまな課題を今まで少し恐れていました。でももう二回目のファッションショーも終え,私はここにいるのです」

新しい意欲を胸に、Lyndsey Jacksonはカタログ作成に取り組み始めている。

              www.phasedbylj.com

keiko-4keiko-3keiko-2keiko-1

The following two tabs change content below.
Studio Keiko
日本、ヨーロッパでのモデル事務所の経営をはじめ、30年に渡るファッション業界の経験を生かして,現在バンクーバーにおいて、ファッションショーのイベントプロデュース,ショーの振り付け、モデルトレーニングと幅広く質の高い活動を展開している。東京では近年、Jha Jha Ojha Angelのファッションショーを,ロック•スタジオで手がけた。バンクーバーでは、Aydenギャラリー、バンクバー美術館,,,等。またフェアモント・ホテル・バンクーバーにおいてシャネル・ファッションショーではカナダ内外から絶賛を浴びた。http://www.studiokeiko.ca/
Studio Keiko

最新記事 by Studio Keiko (全て見る)

Comment





Comment