Magazine
Nov 4, 2019

この星で、また逢えたから。

「宇宙からのおみやげさん」
Text by Ai Funato & Photo by Mikako

子育てのあいまにオンラインで
インドのヨガ瞑想講座を受けている。

先生のディディさんは
オーストラリアと日本のハーフで
日本語は少し苦手。

だけどディディさんの笑顔と声は
その存在感まるごと
“ただそこにいる”だけで、“愛そのもの”。

ヨガは、マットの上で
ただポーズを取るだけでなくて

瞑想、マントラ、呼吸、チャクラの活性化、
食べること、働くこと、家事すること

生きることすべてが、ヨガ。

生きてることすべてが、愛。

そんな美しいことわりを
教えてくれるディディさんに
聞いてみたいことがあった。

「子育てにヨガを取り入れるには、
どうしたらいいですか?」

ディディさんは
にこにこ笑って答えてくれた。

「こどもはね、みんな、
“宇宙のおみやげ”だから」

親のものでもない。社会のものでもない。
宇宙から“預からせてもらっている”
おおいなる、たいせつな、生命体。

だから、親のエゴを押し付けない。
その子がその子であることを
ただ認め、受け入れ、愛し、支える。

“宇宙のおみやげ” だからね。

きっと、“gift from the universe”の
“gift” が “おみやげ”に
なったんだと思うんだけど。

“宇宙からのおみやげ”という言葉のひびきが
妙にかわいくて、ディディさんらしくて

それ以来、毎日
うちの子に、“宇宙のおみやげさん”と
呼びかけて 抱きしめている。

わたしたちはみんな
“宇宙からやってきたおみやげさん”。

今日も地球の上では
おみやげ同士が
ケンカしたり、愛し合ったり。

地上ではどんな風に見えても
宙の上から見たらそれは
ささやかで、愚かで、愛おしい。

誰もが
宇宙かあさんの腕に抱かれた
小さなちいさな赤ちゃんなんだ。

こんにちは、

宇宙からのおみやげさん。

今日もありがとう、

宇宙からのおみやげさん。

*************

Ai ウェブサイト
http://ai-love-kotoba.com/

*************

Mikako(写真提供)
宮城県気仙沼市出身。カナダバンクーバー在住。フォトグラファー/アーティスト。HP http://www.mikakochibaphotography.com

The following two tabs change content below.
Ai Funato
兵庫県明石市出身。カナダバンクーバー在住。 絵本作家、コピーライター、愛ことば講師。時々フラダンサー。 2007年アメリカ サンタモニカ~2010年カナダ バンクーバーへ移住。西海岸生活を満喫しながら、カウンセリング・ヒーリング・コーチングでの学びを活かし、たましいを癒す絵本・小説・エッセイなど、アーティストとコラボした作品を創作。 現在は、人と自然が調和する街 バンクーバーで子育てを満喫中! ローカル&オンライン共に、愛を「伝える」・ひとを「つなぐ」ことを使命として活動しています。 ウェブサイト http://ai-love-kotoba.com/
Ai Funato

最新記事 by Ai Funato (全て見る)

コメント1件

アバター Cynthia Sharp | 2019.11.11 14:19

What a beautiful photo!

Comment





Comment