Magazine
Jul 1, 2021

カナダの野鳥と野生動物

ヨーロッパムクドリ 編

Photo & text by : 中村 ”Manto” 真人

European Starling

“精悍で嘴を大きく開けるムクドリは声の師匠”
―嘴、口が大きいのは歌上手?
北米のすべてのヨーロッパムクドリは、
1890年代初頭にシェイクスピア愛好家によって
最初にニューヨークのセントラルパークで100羽 放鳥され、
昆虫や木の実などを食べ数は急増しました。
今日、2億羽以上のヨーロッパムクドリが
アラスカから メキシコにまで及び、害鳥扱いの存在となっていますが、、、
ムクドリは素晴らしい最大20の異なる種の鳴き声を持ち
他の鳥の模倣となっているいわば声の師匠。
その生徒にはモリタイランチョウ、キルディア、マキバドリ、
北ボブホワイト、モリツグミ、アカオノスリ、コマツグミ、
ハシボソキツキなどがいてムクドリの声を学んでいます。
歌が上手になりたい方、ムクドリさんの
20種類の声帯模写
を真似ては如何でしょうか?

The following two tabs change content below.
中村真人
トライアスロン、アイアンマンそして自転車競技ツールドジャパンのステージ優勝などの選手経験を経て 1992年カナダに移住。オリンピック,パラリンピック、女子ワールドカップサッカーなどを頂点に幅広い スポーツ分野のアスリートの輝きを取材、応援。現在、世界のドキュメンタリー、ポートレート、野生動物と野鳥の写真や 動画撮影活動しバンクーバーでオーガニック納豆の製造販売事業も手がけている。 https://www.facebook.com/MantoArtworksPhotography  https://www.facebook.com/OrganicNatto
中村真人

最新記事 by 中村真人 (全て見る)

Comment





Comment